fc2ブログ

記事一覧

トラ・トラ・トラ! :消費と生産の極限の状態!!


トラ・トラ・トラ!

 1941年山本五十六は連合艦隊司令長官に再任した、山本五十六はアメリカ軍との戦争で開戦時にハワイ真珠湾に対して奇襲を仕掛けることを決断する。山本五十六は、その作戦を成功させるために水面下で準備を進めるが。。。アメリカ軍は日本軍の暗号を事前に解読、攻撃を察知していたのだった。。。
。。。アメリカ、日本、両国の外交官は、政策で関係の修復を試みるがうまくいかず。そんな中、ハワイ真珠湾への奇襲攻撃が開始され、奇襲作戦は成功を収める。。。

太平洋戦争の開戦の真珠湾攻撃を題材にしたアメリカ、日本合同の戦争映画です。

日米双方の視点から真珠湾攻撃を合同スタッフ・キャストで制作、描こうとした大作で。。。

アメリカパートはアメリカの制作陣、日本パートは日本の制作陣によって作られています。

その為、アメリカ側と日本側で公平に焦点を当てており違和感なく見ることができます。

そして、戦争とは何なのかと言う事でも考えさせられる映画になっています。

では、戦争とは何かと言うと自分は消費と生産の極限の状態の事だと考えています。

兵員は死傷すれば代わりの兵員が補充され、武器弾薬は消費、破壊されれば補給されます。

そして、生産が消費を上回ったほうが最終的に勝利するのが国家総力戦です。

山本五十六は開戦当初からアメリカの軍事力や工業力の優位性を認識していました。

★山本五十六★
それは是非やれと言われれば
1年や1年半は存分に暴れてご覧にいれる
しかし、2年3年となっては全く保証はできません



真珠湾攻撃後、ほぼ開戦時の戦力で太平洋戦争を戦わなければならなかった日本軍に対して。。。

アメリカ軍はその強大な軍事力と潤沢な工業力により開戦時に日本軍から受けた損害を回復。

新兵器や戦力を増強し圧倒的戦力で日本軍を蹂躙しました。

週刊空母と言われたカサブランカ級や、月産2000両を目標としたシャーマン戦車等。。。

大量生産される最新の兵器の数に、圧倒される日本軍。

山本五十六の危惧は開戦から約1年後に戦局の悪化とともに、現実のものとなったのです。

太平洋戦争はいかにして始まったのか、これを見れば全てが解る!!





トラ・トラ・トラ!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

影光-KAGEMITSU

Author:影光-KAGEMITSU
猫好きの映画好きです!
不定期更新でチマチマやっています。
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

最新コメント