fc2ブログ

記事一覧

逃亡者:実話をモデルとした映画


逃亡者:実話をモデルとした映画

 シカゴ小児記念病院の有能な医者であるリチャード・キンブルがある日の夜に自宅に帰宅すると、妻のヘレン・キンブルが何者かに襲われて死に瀕していた。リチャード・キンブルはその場にいた犯人と思われる義手の男を格闘の末追い払うが、ヘレン・キンブルは既に致命傷を受けており手遅れであった。リチャード・キンブルは妻のヘレン・キンブルの通報で駆け付けた警察に、自分が取り逃がした義手の男について捜査するよう懇願する。。。
。。。しかし、警察は死の間際のヘレン・キンブルからの911番の内容を誤解し、警察はリチャード・キンブルが妻殺しの犯人と断定し逮捕する。濡れ衣を着せられたリチャード・キンブルは裁判の結果、無実を訴えるも死刑判決を受けるが刑務所に護送中の事故に乗じて脱出し妻ヘレン・キンブルを殺害した真犯人を自らの手で見つけて汚名をそそぐため逃亡者になる!!

★サミュエル・ジェラード連邦保安官補★
逃亡者の名前は
リチャード・キンブル医師だ



1960年代のテレビドラマ「逃亡者」をベースとしたリメイク作品でテレビドラマ版は。。。

現実に起きた「サム・シェパード事件」がヒントになり、それに脚色を加えた小説を元に作られています。

映画は物語の舞台が公開当時の1993年の現代へと置き換えられ設定やストーリーに変更が加えられています。

濡れ衣を着せられた無実の逃亡者が警察などの追っ手から逃げつつ、真犯人捜しの旅を続ける。

★リチャード・キンブル医師★
おれが謎を解く



逃亡者リチャード・キンブルと追跡者サミュエル・ジェラードの息詰まる逃亡追跡劇は見るものを魅了します。

しかし、現実に起きた「サム・シェパード事件」とはどの様なものだったのかと言うと。。。

1954年オハイオ州クリーブランド郊外に住む、サミュエル・シェパード医師の家で、彼の妻が惨殺され、

サミュエル・シェパード医師は侵入者に殴られ気絶したと主張したが、容疑者として逮捕されてしまいます。

裁判の結果、第二級殺人(計画性はあるが第一級の条件を満たさない殺人)で終身刑の判決を受ける事になり、

そのショックで母親は拳銃で自殺し、父親も病死します。

その後、サミュエル・シェパード医師は1966年に行われた再審の結果、無罪となって釈放されました。

サミュエル・シェパード医師は再び開業しますが一度失われた信用と周囲の疑いの目は変わらず。。。

サミュエル・シェパード医師は酒とドラッグに溺れ、金に困ってプロレスラーに転身したものの、

自らの無実を証明する事も出来ず、間もなく1970年に肝不全で失意のうちに亡くなってしまいました。

サミュエル・シェパード医師の一人息子サミュエル・リースは父の無実を証明する為、

残された証拠品に対し、事件当時は存在しなかった最新のDNA鑑定等を行い裁判を起こしましたが、

2000年に出た評決では、サミュエル・リースの期待した結果は得られず、事件の真相は未だ藪の中。

リアル(現実)で実際起きた事件は理不尽で救いようがなく、とても悲しい結末です。

しかし、映画のフィクション(創作)の中には救いがあります。

過去記事:ラスト・アクション・ヒーロー:理不尽な現実

★リチャード・キンブル医師★
これからだ



事件の真相に迫る、逃げるリチャード・キンブルと追うサミュエル・ジェラード。。。

果たして、リチャード・キンブルは自らの無実を証明する事が出来るのであろうか!!





逃亡者:実話をモデルとした映画
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

影光-KAGEMITSU

Author:影光-KAGEMITSU
猫好きの映画好きです!
不定期更新でチマチマやっています。
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

最新コメント